〜ご挨拶〜

 

志伸堂(シシンドウ)のホームページをご覧なって頂き、誠にありがとうございます。

2011年は大きな震災もあり、ご親類やお知り合いの方が急にお亡くなりになったり、家や仕事を失ったりされた方が沢山いらっしゃたことと存じます。既に震災より数ヶ月がたちましたが、皆様のご心痛やご心労はまだまだ続いていらっしゃると思うと私の心も痛みます。心よりお悔やみ申し上げます。

 

さて、私の身の回りにもいろいろな出来事が起こりました。一番大きな出来事は、約20年勤めた会社を辞めることなったことです。いわゆるリストラなのですが、何故か私の心は意外にも平穏としておりました。リストラが発表された当初は転職先を探しておりましたが、昨年より夜学で日本医学柔整鍼灸専門学校に通っていて、夕方5時頃までしか働けない状況でしたので、就職活動もすぐに暗礁に乗上げました。さて、どうしようかと思案しているところにIHMドルフィンの吉野内聖一郎氏のKTS-PROの説明会があることを知り、何か引きつけられるように参加して『数霊の法則』を知りました。吉野内氏は以前より数霊セラピーシステムを開発販売されていて、その存在は知っておりましたが、内容については理解出来ていなかったと思います。今現在もすべてを理解出来ているわけではありませんが、『数霊の法則』に出てくるシンメトリーな魔法陣の数列は、宇宙の意思と意識を表現しているように感じました。

 

そして、KTS-PROの代理店を直ぐに始めたいという衝動に突き動かされそうになりましたが、不謹慎ではありますがこの『数霊の法則』の真実度はどれくらいなのか測定して確かめてからと思い、実際にキネシオロジーテストで確かめてみました。

キネシオロジーテストのことは、船井幸雄先生が著書で紹介されていたデビッド・R・ホーキンズ著『パワーか、フォースか』(三五館)という書籍に詳細に紹介されているのでご存知の方も多いと思いますが、あらゆる質問に対して“Yes"か”No"か、肩の筋力の減弱を測定して答えを得る方法ですが、地球上の意識レベルを1から最高1000のレベルとした場合の『数霊の法則』の真実度は950以上であるといった答えを得ました。地球全体の人の平均意識レベルが200を超えたばかりの事を考えると、ここまで高い真実度に出会える機会はまずないと思われますので950以上の答えが得られた時点で、この『数霊の法則』を活用出来るセラピストになりたいと思った次第です。

 

カール・G・ユングが人間の潜在意識の奥底には人類共有の素地(集合無意識)があると発表したことは有名なお話ですが、このページをご覧なって頂いている皆様と私も深い意識レベルでつながっていること存じます。

私もそうですが、人はそれぞれ人間関係や仕事、また健康についての不安といった課題を抱えて生きております。そのような課題は、潜在意識からのメッセージであると多くの著名な方々がおっしゃっておりますが、その課題をどのようにとらえたら良いのか、『数霊の法則』に則ってその課題の波動測定と調整を行い、より宇宙の波動と共鳴した生き方が出来るように、少しでもお役に立てればと数霊セラピーサロン志伸堂を設立させて頂きました。皆様とお会い出来きることを心よりお待ちしております。     

数霊セラピーサロン志伸堂

店長 吉田志伸